印通信大手が巨額赤字、2社合計で1兆円超 激震走る
最高裁が支払い命令

南西ア・オセアニア
アジアBiz
2019/11/16 1:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ムンバイ=早川麗】世界第2位のインドの携帯通信市場に激震が走った。印最高裁判所が10月に下した判断の影響で、通信各社は過去に遡り、政府に対して巨額の免許費用などを支払うことになった。これを受け、最大手のボーダフォン・アイデアと3位のバルティ・エアテルは14日、2019年7~9月期決算で特別損失を計上すると発表。両社合計で1兆円を超える赤字となった。

最大手のボーダフォン・アイデアは14日、免許…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]