/

この記事は会員限定です

ニシキゴイの価値、AIで算定 新潟・長岡で試み

@news越後

[有料会員限定]

「泳ぐ宝石」と呼ばれる高級観賞魚のニシキゴイ。国際的人気を背景に輸出が伸び、新潟県の地場産業の養鯉(ようり)業が活況だ。一方で海外マネーの流入は価格高騰を招き、本来価値を大きく上回る高値で売買されることがある。IT(情報技術)を使いネット上でわかりやすく取引できる仕組みをつくろうと、スタートアップ企業による新しい試みが産地・長岡市で始まった。

市郊外の野池で4日、若者3人が黙々と7月に生まれた稚魚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1773文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン