政投銀、大企業とベンチャー投資 余裕資金を活用

2019/11/15 23:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本政策投資銀行は、大企業と共同でベンチャー投資に本格的に乗り出す。2020年度に期限を迎える投資業務を延長し、従来のインフラ整備などに加えて創業期の企業支援を強化。現預金の多さなどに着目して企業に共同投資を呼びかけていく。ヘルスケアや航空宇宙などの分野が主な対象になる。

15年の政投銀法改正を受け、民間にリスクマネーを供給する「特定投資業務」が始まった。20年度末までに約5千億円を物流事業や都…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]