コンビニのモデル転機、加盟店支援に軸 国に説明

2019/11/15 19:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人手不足に伴う人件費高騰で、コンビニエンスストアのビジネスモデルが転機を迎えている。経済産業省が12、15日に開いた有識者検討会での聞き取りでは、セブン―イレブン・ジャパンなど大手の社長らが営業時間の短縮などフランチャイズチェーン(FC)加盟店の支援策を説明した。

「加盟店オーナーが安心して経営に専念できる環境をつくり、成長し続けられるようにしないといけない」。セブンの永松文彦社長は検討会の聞き…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]