東京都港区、パートナー条例案提出へ 20年施行めざす

東京
2019/11/15 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都港区は性的少数者(LGBT)などのカップルを結婚に相当する関係のパートナーとして公認する制度を創設する方針だ。2020年2月予定の区議会に制度を盛り込んだ条例案の提出を目指す。成年で別の人と婚姻関係がないことなどを条件に、婚姻と同程度の関係を認める。成立すれば条例でパートナー制度を規定した自治体として全国で4例目となる。

同区は「みなとマリアージュ」(仮称)と名付けた制度の素案をまとめた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]