女性活躍で出遅れ? 近畿経済界動く
対策づくりへ新指数 大学や自治体と連携も

ダイバーシティ
関西
2019/11/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京阪神を中心とする近畿圏は、高学歴女性の比率が国内で高い水準にある。ところが女性の就業率は全国平均より低い。人口の東京一極集中が進み、都市圏でありながら若い女性の流出も続く。女性の潜在力を引き出せない要因はどこにあるのか。大阪で取材する女性記者2人が、現状と課題に迫った。

「仕事と家庭を両立するのは東京よりハードルが高い」。大阪市の大手食品メーカーで営業職として働いていた女性(26)は2019年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]