RCEP離脱 インドは翻意を J・クラブツリー氏
シンガポール国立大学リー・クワンユー公共政策大学院准教授

小竹 洋之
Asiaを読む
編集委員
2019/11/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本など16カ国による東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の締結に向けた首脳会議は4日、交渉の年内妥結を断念した。大幅な関税自由化に反対するインドが、離脱の構えをみせているためだ。インドの離脱姿勢は、歴史的な大失態としか言いようがない。

参加国は2013年に交渉を始め、関税の撤廃・削減などを巡る協議を続けてきた。インド以外の国をいらだたせる結果となったが、本当の敗者はインド自身だろう。

インド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]