/

この記事は会員限定です

RCEP離脱 インドは翻意を J・クラブツリー氏

シンガポール国立大学リー・クワンユー公共政策大学院准教授

[有料会員限定]

日本など16カ国による東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の締結に向けた首脳会議は4日、交渉の年内妥結を断念した。大幅な関税自由化に反対するインドが、離脱の構えをみせているためだ。インドの離脱姿勢は、歴史的な大失態としか言いようがない。

参加国は2013年に交渉を始め、関税の撤廃・削減などを巡る協議を続けてきた。インド以外の国をいらだたせる結果となったが、本当の敗者はインド自身だろう。

インドは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1597文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

小竹 洋之

カバージャンル

  • マクロ経済
  • 財政・金融・通商政策
  • 国際情勢

経歴

1988年入社。経済部で財務省や日銀、ワシントン支局で米財務省や米連邦準備理事会(FRB)などを担当しました。2014~18年にはワシントン支局長を務め、歴史的なトランプ米政権の発足に立ち会いました。現在は上級論説委員兼編集委員として、内外の経済問題や国際情勢を中心に幅広く執筆しています。単著に「迷走する超大国アメリカ」、共著に「技術覇権 米中激突の深層」「米中分断の虚実」があります。

活動実績

2021年7月15日 企業の管理職向けセミナーで「バイデン政権半年、米国はどう変わったか」をテーマに講演
2021年6月9日 共著「米中分断の虚実」(日経BP日経出版)を出版
2021年1月21日 企業の管理職向けセミナーで「分断の米国政治と経済政策」をテーマに講演
2020年10月19日 テレビ東京「Newsモーニングサテライト」の「日経朝特急プラス」でIMF世界経済見通し解説
2020年3月24日 共著「技術覇権 米中激突の深層」(日本経済新聞出版社)を出版
2019年8月26、28日 資産運用セミナー「米中覇権争いの行方 『新冷戦』にどう向き合うか」講演
2019年3月18日 日経緊急解説Live!で米中経済摩擦について対談
2019年2月9日 著書「迷走する超大国アメリカ」(日本経済新聞出版社)を出版
2019年1月17日 ミドルマネジャー教育センターで米国の対中政策について講演

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン