カルビーとサッポロビール、ポテチでタッグ

2019/11/15 18:32
保存
共有
印刷
その他

カルビーとサッポロビールは、ビールと相性の良いポテトチップスを2020年4月下旬までの期間限定で18日に発売する。両社の商品開発者などが半年間にわたり情報交換して新商品を作り上げた。包装のデザインにも両社の共同企画の商品であることを打ち出し、ポテトチップスをつまみにしてビールを飲むことを消費者に提案する。

共同開発で会見したカルビーの伊藤秀二社長(左)とサッポロビールの高島英也社長(右)

商品名は「堅あげポテト 匠(たくみ)の香ばしにんにく味」。火をとおして香ばしくなったニンニクの味が口の中に広がり、隠し味の赤唐辛子がすっきりとした後味になっているという。

15日の新商品発表会でカルビーの伊藤秀二社長は「ビールとの相性を考えて味を濃いめにした。ジャガイモの味をかみしめてビールを飲んでもらいたい」。サッポロビールの高島英也社長は「麦の雑味を無くす改良をしたばかり。ビールの麦のうまさと堅あげポテトは合う」と語った。

18日にコンビニエンスストアで発売し、12月2日にスーパーマーケットなどでも発売する。1袋あたり60グラム。価格はオープンで想定価格は160円前後。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]