岡三証券理事にみずほ総研・高田氏 20年1月就任

2019/11/15 18:45
保存
共有
印刷
その他

岡三証券は15日、2020年1月1日付でみずほ総合研究所副理事長、エグゼクティブエコノミストの高田創氏(61)が理事に就任すると発表した。岡三証券では為替・金利動向やマクロ経済分析など、投資家向けの調査・情報発信を手がける。

高田氏は債券・為替など世界の金融市場の分析で知られる著名エコノミスト・アナリストで、国債など金融市場に関する著作も多い。1982年に日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行後、みずほ証券で執行役員グローバル・リサーチ本部副本部長などを務めた。金融庁の金融審議会、政府税制調査会のメンバーとして人生100年時代関連の制度設計にも携わる。

岡三証券はエコノミストやアナリストを増員するなど投資情報部門を強化している。同社は「高田氏の金融市場に関する深い知見を生かし、幅広い顧客に有益な情報を発信できる体制を整えていく」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]