/

この記事は会員限定です

隆盛インデックス投信、「隠れコスト」のワナ

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

低コストで長期的な資産形成ができるとしてインデックス(指数連動型)投信が、世界的にシェアを急速に拡大している。代表的な保有コストである信託報酬が低いものを選べばいいと考える人が大半だが、実は必ずしもそうとは言い切れない。信託報酬以外の「隠れコスト」や、連動対象とする指数の特性、資金流出入の動向など多様な要因が成績を左右する。過去の運用成績をきちんとみることが大事だ。

「信託報酬絶対主義」のワナ

手元に残るお金はコストも加味し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1458文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

人生100年時代の年金戦略

著者 : 田村 正之
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,512円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン