ミクシィ、スポーツメディアを買収

2019/11/15 18:11
保存
共有
印刷
その他

ミクシィは15日、スポーツメディアを運営するネットドリーマーズ(東京・中央)を買収すると発表した。同社の全株式を取得して100%子会社にする。ミクシィは主力のスマホゲームの売り上げが減少する中、スポーツ事業に力を入れている。ネットドリーマーズのスポーツメディア運営のノウハウを生かし、スポーツ事業を拡大させる狙いがある。

既存株主から取得し、11月末に譲渡を実行する予定だ。取得金額は非公表。

ネットドリーマーズは競馬や野球のネットメディアを運営している。同社の「ネットケイバドットコム」は月間利用者数約870万人、閲覧数は10億回を超える。

ミクシィは3月、ネット投票サービスのチャリ・ロトの全株式を取得し、子会社化した。同社はネットで競輪やオートレースに投票するサービスを運営している。10月にはバスケットボール男子Bリーグ、千葉ジェッツふなばしの運営会社を子会社化。サッカーJ1のFC東京にも資本参加している。

プロ野球の東京ヤクルトスワローズともスポンサー契約を結んでおり、スポーツ事業を積極的に広げている。スマホゲームで培ったノウハウをスポーツ事業にも活用していく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]