ディズニー認定のベンチャー VR・ARで新市場作る
花開く空間エンターテインメント(上)

2019/12/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ウォルト・ディズニー・カンパニーの新事業創出支援プログラム「ディズニーアクセラレーター」で、唯一採択をされた国内企業がVR(仮想現実)、AR(拡張現実)ベンチャーのティフォン(東京・千代田)だ。「正確な数は教えられていないが、世界各国から1000社以上の応募があったと聞いている」と同社の深沢研CEO(最高経営責任者)は言う。ディズニーは消費者向けメディア、エンターテインメント関連の有望なベンチ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]