/

この記事は会員限定です

人口流出の長崎市に好機 企業進出や大型開発続々

[有料会員限定]

人口の社会減が全国の市区町村で最悪の長崎市で、急激な人口流出に歯止めがかかる可能性が出てきた。IT(情報技術)を中心に地域の課題解決に注目した企業の研究拠点や人材育成体制が整いつつあるほか、サッカースタジアムを中心とした複合施設の計画も進む。造船や水産業と共に衰退してきた街の構造転換が注目されている。

「日本の西の果てにある長崎で地方創生をなし遂げたい」。10月18日、横浜港に停泊した豪華客船で開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン