大嘗祭、現代的意義の議論を 時代で姿変えてきた儀式

2019/11/15 17:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

天皇の代替わり儀式で即位礼正殿の儀に並ぶ重儀である大嘗祭(だいじょうさい)の中心儀式、大嘗宮の儀が15日に終了した。古来、即位礼は中国皇帝の即位儀式の影響を受け、群臣の前で即位を宣言する政治セレモニーだった。一方、大嘗祭は日本の古神道、神話に由来する宗教儀礼だ。

その費用は国費の宮廷費から支出された。平成の大嘗祭では、国費の支出は憲法の政教分離に反するとの疑義が宗教関係者などから提起された。政府…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]