愛媛・今治の企業が再生タオル、裁断くずや廃プラ使い

中国・四国
2019/11/18 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本を代表するタオル産地の愛媛県今治市で、衣料の裁断くずやペットボトルを再生したリサイクル繊維を使ったタオルが誕生した。地元メーカーのコンテックス(同市)が開発した。海洋プラスチックごみの汚染など消費者の環境問題への関心の高まりに対応する。ブランケットや靴下など環境に配慮した商品群を順次投入し、販路拡大につなげる。

同社はリサイクル繊維を使用した商品を「コンテックスリサイクル」としてシリーズ化す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]