日本酒酵母使ったチリ産ワイン 都内百貨店などで販売

2019/11/15 18:40
保存
共有
印刷
その他

ワインを輸入・販売するトゥエンティーワンコミュニティ(東京・港)は日本酒酵母で発酵させたチリ産ワイン「ぎんの雫(しずく)」の本格販売を始めた。日本酒酵母を使ったワインは珍しい。三越日本橋本店(東京・中央)やレストランで扱う。

強いうまみと日本酒のような吟醸香が特徴だ

同ワインはセ氏10度以下の低温で長期間発酵させたことで生まれる強いうまみと、日本酒のようなほのかに甘い吟醸香を持つ。白ブドウのソーヴィニヨン・ブランのワインとシャルドネのワインの2種類を販売する。価格はそれぞれ税別2980円。

醸造を手がけたのはフランス出身の醸造家、パスカル・マーティ氏で、ワインの酵母よりも低い温度で発酵する日本醸造協会(東京・北)の7号酵母を使った。温度が低いと発酵はゆっくり進むため、発酵期間はワイン酵母の約15日に対し、40~110日かけた。「その分、うまみが多くなった」(同氏)という。

商品名やラベルデザインのコンセプトは人気ワイン漫画「神の雫」の原作者、亜樹直氏が担当した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]