脳内の働き者、グリア細胞表舞台に 認知症などと関連

大学
ヘルスケア
医療・健康
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/11/18 11:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人の大脳には百億個以上の神経細胞があり、学習や感情など様々な機能を担っている。これとは別に神経細胞と同等以上の数の「グリア細胞」があり、重要な役割を果たしていることがわかってきた。グリア細胞がうまく働かないと、認知症など神経細胞に関わる様々な病気を引き起こす説が有力になっている。脇役と見られてきた細胞を見直す機運が高まっている。

グリア細胞には大きく3つの種類がある。名古屋大学の和気弘明教授らは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]