/

この記事は会員限定です

脳内の働き者、グリア細胞表舞台に 認知症などと関連

[有料会員限定]

人の大脳には百億個以上の神経細胞があり、学習や感情など様々な機能を担っている。これとは別に神経細胞と同等以上の数の「グリア細胞」があり、重要な役割を果たしていることがわかってきた。グリア細胞がうまく働かないと、認知症など神経細胞に関わる様々な病気を引き起こす説が有力になっている。脇役と見られてきた細胞を見直す機運が高まっている。

グリア細胞には大きく3つの種類がある。名古屋大学の和気弘明教授らはグ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1605文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン