テーラーメイド、東京・銀座にゴルフ旗艦店

2019/11/15 16:38
保存
共有
印刷
その他

ゴルフ用品のテーラーメイド ゴルフは16日、東京・銀座に旗艦店「テーラーメイド 銀座」(東京・中央)を開店する。試し打ちができるスペースを用意するなど顧客体験を重視。ポロシャツなど銀座店限定の商品も販売する。ゴルフ愛好家だけでなく、これまでなじみのなかった若年層や訪日外国人観光客に顧客層を広げていきたい考え。

テーラーメイドの旗艦店「テーラーメイド 銀座」(東京・中央)。幅広い顧客層にゴルフを発信する

店舗は地下1階と地上2階で、1階にはゴルフクラブやボールなどゴルフ用品を配置。2階はアパレル商品や、銀座店限定の商品を展開する。地下1階には試打室を設けた。最新の設備を導入し、振り方を解析して最適なゴルフクラブを提案する。店舗は免税にも対応するほか、顧客一人ひとりに合ったゴルフ用品を用意するカスタムメード商品も受け付ける。

日本生産性本部のレジャー白書によると、ゴルフ用品の国内市場規模は2018年に3430億円で、1990年代前半の半分程度まで縮小した。テーラーメイド ゴルフのマーク・シェルドン―アレン社長は「ゴルフを楽しむ人の高齢化が課題だ」と話す。旗艦店の立地を生かし若年層らにもアピールする。店舗には中国語や英語が話せる従業員を配置し、訪日客も取り込む。

同社は約140カ国・地域でゴルフ用品などを展開する米テーラーメイド ゴルフ(米カリフォルニア州)の日本法人。米テーラーメイドはタイガー・ウッズ氏らプロ選手と契約している。日本では22店舗を展開する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]