[FT]香港の悲劇 どこにでも

FT
2019/11/17 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港の高校生は社会の崩壊を描いた英ノーベル賞作家ウィリアム・ゴールディングの小説「蠅の王」を授業で読む。しかし分断と暴力の地と化したこの都市の市民は今、誰しも文明社会がいかに脆弱かを直接学んでいる。

一連の抗議活動では8日に初めて死者が出たほか、11日には警察官が参加者に実弾を発砲する映像が流れた。デモ隊ともめていた男性が引火性の液体を浴びせられ、火を付けられる事件も起きた。

厄介なのは私服警官…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]