/

この記事は会員限定です

不公平感残る「氷河期世代」支援 福田洋子氏

神戸松蔭女子学院大学教授(キャリア教育)

[有料会員限定]

政府が30歳代半ばから40歳代半ばの「就職氷河期世代」への支援策として、2020年度予算に1000億円超を投じる計画だという。長く学生の就職活動をサポートしてきた身からすると、確かに就職氷河期に直面した世代には不遇な面があった。しかし政府の説明が不足していることもあり、なぜこの世代だけを支援するのかという不公平感が残る。

私は大阪国際大と神戸松蔭女子学院大という関西の2私立大で、教員の立場から約3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン