/

この記事は会員限定です

「進次郎流育休」を超えて

[有料会員限定]

少し気が早いが、2019年のキーワードの一つは「男性の育休」かもしれない。安倍晋三首相は1日の閣僚懇談会で、男性の国家公務員が1カ月以上、育児休業を取得できるように制度づくりを指示した。自民党もこのほど政務調査会で育休プロジェクトチームが立ち上がった。

育休の取得率は女性が82%、男性は6%。育休は女性がとるものという意識が強いなかで、男性の育休が注目を集めたのは小泉進次郎氏がきっかけだった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン