「ポケモン」完全新作3年ぶり発売、「スイッチ」普及加速

2019/11/15 15:31
保存
共有
印刷
その他

ゲーム企画のポケモン(東京・港)は15日、人気ゲーム「ポケットモンスター」本編の完全新作を家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」向けに発売した。ポケモンシリーズの本編としては、3年ぶりとなる。スイッチ向けは初めて。若年層に人気があるポケモンのソフトの発売でスイッチの販売台数がさらに伸びる可能性がある。

スイッチ向けの完全新作「ポケットモンスター ソード・シールド」
(C)2019 Pokemon. (C)1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

発売した「ポケットモンスター ソード・シールド」は新しい舞台「ガラル地方」で新しいポケモンとパートナーを組み冒険するゲーム。「ポケットモンスター赤・緑」から続く本編の完全新作で、前作の「ポケットモンスター サン・ムーン」は2016年に「3DS」向けに発売された。

動画配信アプリのSHOWROOM(東京・渋谷)では15日、ポケモンのソフトの発売を記念したキャンペーンを実施。期間限定で配信者に贈れる無料のギフトがポケモン仕様になるほか、キャンペーンの参加者を対象に「ピカチュウ」のアバターを配布した。

任天堂はスイッチの廉価版「ニンテンドースイッチライト」を9月に発売。ポケモンは従来、携帯ゲーム機向けにソフトを展開しており、小学生など若年層に人気が高いため、スイッチの普及に期待がかかる。(桜井芳野)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]