/

この記事は会員限定です

「IT×教育」中国躍進 投資額・企業数、米を上回る

[有料会員限定]

【大連=渡辺伸】IT(情報技術)による教育サービス「エドテック」で中国企業が躍進している。スタートアップ投資額とユニコーン(企業価値10億ドル=約1100億円以上の未上場企業)数で、米国を上回り世界首位となった。アリババ集団などネット大手の支援で技術力を高めており、人工知能(AI)を使ったネット授業が人気だ。巨大市場を巡る争奪戦が激しくなる。

▼エドテック 
教育(エデュケーション)とIT技術(テクノロジー)を合わせた造語。授業の動画配信中心の「eラーニング」と違い、双方向性の高い教育内容が特色だ。人工知能(AI)を使って生徒のデータを集め、個人に合わせたきめ細かい指導ができる。クラウド技術の進化で利用料金も抑えやすい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン