インフルエンザが流行入り 昨年より4週早く

2019/11/15 15:08 (2019/11/15 15:51更新)
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は15日、インフルエンザが流行入りしたと発表した。4~10日の1週間で、定点観測している医療機関の患者数が1施設あたり1.03人となり、流行期入りの目安とされる「1人」を超えた。昨年よりも4週早く、新型インフルエンザが夏に流行した2009年を除くと、統計がある1999年以降で最も早いという。

都道府県別で患者が最も多いのは沖縄県で1施設あたり4.45人。鹿児島県(2.66人)、青森県(…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]