/

この記事は会員限定です

創薬、上場しやすく 金融庁・東証が条件緩和

[有料会員限定]

金融庁と東京証券取引所はマザーズ市場の上場条件を緩和し、成長力のある創薬スタートアップ企業を上場しやすくする。新薬の商品化までの時期がまだ遠く、大手製薬会社と提携していなくても、上場できるようなルールを追加する。創薬企業を念頭に上場廃止基準も見直す。新興企業の成長を後押しする狙いがある。ただ投資家にとっては投資先のリスクの見極めが難しくなりそうだ。

東証が11月中にもマザーズとジャスダック両市場に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り608文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン