本を通じて交流 伊豆で「居候書店」営む舘野氏
きらり人材

2019/11/15 15:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

居候といえば他人の家で寝食の世話をしてもらう、身勝手だが人の情けも感じさせる存在だ。ブックカフェ「壺中天(こちゅうてん)の本と珈琲」(静岡県伊東市)のオーナー、舘野茂樹さん(72)は、カフェやホテルの一角を間借りして本棚を置かせてもらう「居候書店」を展開している。「本を通じたコミュニケーションが新たな発見を促す」と話す。

伊豆高原を中心とする伊豆半島全域を舞台にカフェや商店、ホテル、旅館など約3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]