ファンケル、新業態の直営店展開 人手不足に対応

2019/11/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファンケルは出店や運営のコストを抑えた新業態の直営店「ファンケルスポット」を展開する。スタッフが常駐する時間を来店客が多い昼間から夕方に限定し、サービスの質を保ちつつ人手不足などに対応するのが特徴だ。すでに1号店を出店しており、総合スーパー(GMS)の店内などを中心に2020年度以降に多店舗化する方針だ。

既存店を改装し、「ファンケルスポット イオン川口前川店」(埼玉県川口市)を7月に開業した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]