大卒内定率76.8%、高水準続く 20年春卒業

大学
2019/11/15 15:00 (2019/11/15 17:07更新)
保存
共有
印刷
その他

文部科学省と厚生労働省は15日、2020年春に卒業予定の大学生の就職内定率が10月1日時点で76.8%だったと発表した。過去最高だった前年同期を0.2ポイント下回ったが、1996年の調査開始以降で2番目の高さになった。文科省は「穏やかな景気回復が続いており、企業の採用意欲が高いことが要因」としている。

10月時点の内定率は、面接解禁時期が後ろにずれた15年に一時下がったが、11年以降は上昇傾向が続いている。

20年春卒業予定の内定率は男子が前年同期比0.9ポイント減の76.1%、女子が同0.6ポイント増の77.6%だった。文理別では文系が同0.3ポイント減の76.2%、理系が同0.1ポイント増の79.3%だった。

地域別では関東が前年同期と同じ80.5%と全国で一番高い。上昇したのは北海道・東北(74.5%)、中国・四国(70.1%)。減少したのは中部(74.4%)、近畿(79.6%)、九州(66.9%)だった。

就職情報大手マイナビ(東京・千代田)のリサーチ&マーケティング部の東郷こずえ氏は「どの業界も前年並みかそれ以上の人数を募集しており、売り手市場が続いている」と指摘。「4月の働き方改革関連法の施行もあり、就職活動をする学生にとっては働く環境への関心が高まっている。企業の福利厚生がより重要なポイントになっている」としている。

調査は全国62大学の学生4770人を抽出して実施。卒業後に就職を希望する学生のうち、すでに就職先が決まった割合を内定率としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]