/

この記事は会員限定です

生保、利率ゼロ%時代に 外貨建ては為替変動に注意

[有料会員限定]

「標準利率ゼロ」の時代が到来した。標準利率は生命保険会社が契約者に約束する運用利回りの参考となるもので、貯蓄型の円建て一時払い終身保険の標準利率が初めてゼロ%になる。契約者に一定の利回りを約束して運用すれば保険会社の利益が圧迫されるので、各社で販売休止の動きが広がっている。外貨建て保険が円建てに代わる受け皿となるが、為替リスクに注意が必要だ。

【関連記事】超長期金利、遠い「投資適格」水準 生保は0.8%を分水嶺に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン