危うさはらむトップ予備費 ゴーン事件と企業統治

日産の選択
法務・ガバナンス
2019/11/15 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告の突然の逮捕から19日で1年。仏ルノーとの連合を率いたカリスマは罪に問われ、表舞台を退いて裁判を待つ。巨額の資金流出や報酬隠しを巡る事件は、日産だけにとどまらないガバナンス(企業統治)の課題を浮かび上がらせた。

「これは何だ」。自社の財務資料に目を通していたある上場企業の幹部は、「支出」の項目に記載された数千万円の契約に目を留めた。名目は「コンサルタント料」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]