世界で強まる投資規制、各国連携で漏れ防ぐ
CFIUS元議長 エイメン・マー米国弁護士

米中衝突
瀬川 奈都子
法務・ガバナンス
編集委員
2019/11/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安全保障上、重要な技術流出を防ごうと世界で投資規制を強める動きが広がっている。米国では、2020年2月、外国企業の対内投資を審査する対米外国投資委員会(CFIUS)の規制が強化される。元CFIUS議長のエイメン・マー米国弁護士に、米国の安保規制の現状を聞いた。

――2月施行の新規制には、どのような反応が寄せられていますか。

「意見公募が10月17日に締め切られた。60件程度の意見が集まったようだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]