米高校で乱射2人死亡 16歳容疑者が重体、単独犯か

2019/11/15 12:58
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=共同】米ロサンゼルス北方サンタクラリタの高校で14日朝(日本時間同日夜)、男子生徒(16)が銃を乱射、生徒5人が撃たれ、病院に搬送された。うち女子生徒(16)と男子生徒(14)が死亡した。地元警察によると、容疑者の生徒はアジア系で、自分の頭を撃って自殺を図り、病院で治療を受けているが重体という。

14日、銃乱射事件が起きた米サンタクラリタの高校で、けが人を搬送する救急隊員(DavidCrane/The Orange County Register提供)=AP

容疑者はバックパックから自動拳銃を取り出し、生徒らに向けて発砲した。この日が誕生日だったという。地元警察や連邦捜査局(FBI)は単独犯とみて、家族や同級生、目撃者らから事情を聴き、犯行の動機解明を進める。容疑者の自宅の家宅捜索も行った。

警察によると、容疑者のものとみられるソーシャルメディアのアカウントには「明日学校で楽しもう」との投稿があったが、その後削除されていた。

カリフォルニア州のニューサム知事はツイッターで「あとどれぐらいこのような事件に耐えなければならないのか」と厳格な銃規制の必要性を強調。トランプ大統領は犠牲者らに追悼の意を示し、事態を注視していると書き込んだ。

銃規制団体によると、事件は今年に入り学校で起きた少なくとも85件目の銃犯罪。だが規制を巡って、銃所持の権利を認めた合衆国憲法の規定を背景に与野党対立が続き議論が進んでいない。銃規制は来年11月の米大統領選の主要な争点の一つでもある。

米メディアによると、校内には生徒や教師ら約2千人がいた。

在ロサンゼルス日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

現場はロサンゼルス中心部から北約50キロ。サンタクラリタは全米でも治安の良いロサンゼルス郊外の町。地元テレビは、ニュースを知って駆け付けた親の姿や、武装した警官が生徒らを校内から安全な場所へと避難させる物々しい様子などを伝えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]