その他スポーツ

スポーツ選手の移籍制限、独占禁止法違反のおそれも

法務・ガバナンス
2019/11/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ライバルチームに引き抜かれた看板選手に移籍承諾書を出すべきか。承諾書がなければ1年間、試合に出られない。社会人ラグビーを題材としたテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」のワンシーンだ。プロ、実業団のリーグや競技会を運営するスポーツ統括団体が選手の移籍制限ルールを設けることがある。公正取引委員会は6月、このルールが独占禁止法違反になるかどうかの考え方を示した。

移籍を巡っては日本実業団陸上競技連合によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子シングルス1次リーグ 台湾の戴資穎と対戦する奥原希望(11日、広州)=共同

 【広州=共同】バドミントンのワールドツアー(WT)ファイナルは11日、中国の広州で開幕して1次リーグが行われ、シングルスの男子A組で世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は王子維(台湾)に2― …続き (11日 23:22)

 【広州=共同】バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(25)=NTT東日本=の東京五輪出場が11日、確実となった。同日に中国の広州で開幕したワールドツアー・ファイナルに出場したことで、今後の国際大会を …続き (11日 23:16)

日本―ルーマニア 後半、シュートを放つ池原(11日、パークドーム熊本)=共同

 ハンドボール女子の世界選手権第11日は11日、熊本市のパークドーム熊本などで2次リーグ最終戦が行われ、2組で敗退が決まっている日本はルーマニアに37―20で快勝して初白星を挙げ、10位で大会を終えた …続き (11日 23:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]