/

この記事は会員限定です

役所の「たらい回し」AIで防ぐ 人手不足に対応

[有料会員限定]

人工知能(AI)を使って行政サービスを向上する取り組みが広がっている。市民からの問い合わせに適切に回答して「たらい回し」を防ぎ、役所の閉庁中も自動応答する。自治体職員がピーク時より2割減るなか、人手不足にも対応する狙いで、自治体のAI活用はさらに拡大していくとみられる。

愛知県豊橋市で9月から、市民が質問項目を市のホームページで入力すると担当課を案内するサービスが始まった。AIを利用する「チャット...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン