大嘗祭の織物作りを後世に 徳島など、地域で技術継承

「令和」新時代
2019/11/15 11:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日から15日にかけて行われた「大嘗祭(だいじょうさい)」の中心儀式「大嘗宮の儀」に不可欠の織物が2つある。麻織物「麁服(あらたえ)」と絹織物「繪服(にぎたえ)」だ。麁服は徳島県、繪服は愛知県から調達するのがしきたりだが、伝統文化の担い手は不足している。関係者は大嘗祭への貢献を地域の誇りとして、後世への継承に奔走する。

四国屈指の清流、穴吹川が流れる徳島県美馬市の山間部。山道をひたすら進むと斜…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]