三越伊勢丹、「アナスイ」撤退 2020年3月末までに

2019/11/15 11:15
保存
共有
印刷
その他

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は米ファッションブランド「アナスイ」事業から2020年3月末に撤退する。衣料品や雑貨の製造などを終了し、約10店ある直営店すべてを閉める。00年代に若い女性を中心に人気を集めたが、近年は販売不振に陥っていた。

アナスイは米ニューヨーク発の女性向け服飾雑貨ブランド。日本では伊勢丹(現・三越伊勢丹)が1996年に販売とライセンス使用契約を結び、アジアにも出店していた。

化粧品など雑貨は堅調に推移していたが、近年は衣料品の販売が苦戦。同社のアナスイ事業の売上高(19年3月期)はピーク(08年3月期)の半分程度に落ち込み、18年にはアナスイなどを取り扱う子会社を清算していた。

三越伊勢丹HDは事業終了後も、他社が取り扱うアナスイ商品の販売は続ける方針という。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]