共通テストの英語、出題方針を維持 21年実施

大学
2019/11/15 11:32 (2019/11/15 13:07更新)
保存
共有
印刷
その他

記者会見する大学入試センターの担当者(15日午前、文科省)=共同

記者会見する大学入試センターの担当者(15日午前、文科省)=共同

大学入試センターは15日、2021年1月に初めて実施する大学入学共通テストの英語について、「読む・聞く」の2技能で出題する方針を維持すると発表した。「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測る英語民間試験の導入見送りを受け、出題方針を再検討していた。

21年の共通テストの英語では「リーディング」「リスニング」の2技能から出題。配点を各100点と均等にする方針も変えないことにした。

現行の大学入試センター試験の英語は「筆記」と「リスニング」を課している。単語を正しく並び替える語句整序や、アクセントの位置を問う問題などを出題していた。

同センターは6月、4技能を試す民間試験を活用する共通テストでは、こうした問題を出さないとする方針を公表。15日に発表した出題方法でも方針を維持するとした。

センター試験は「筆記」が200点、「リスニング」が50点だが、共通テストではバランスを重視し、「リスニング」と「リーディング」の配点は100点ずつと均等にする。

アクセント問題などの廃止について、15日に記者会見した同センターの白井俊試験・研究統括補佐官は「英語教育の観点から共通テストの導入を機に改善を図る」と説明。リスニング重視の配点は「高校学習指導要領が4技能のバランス良い育成を目指していることを踏まえた」とした。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]