/

この記事は会員限定です

ウォルマート最高値、見直される実店舗の価値

米州総局 中山修志

[有料会員限定]

14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は1ドル安と小幅反落した。米中貿易協議の「第1段階」の合意の行方を見届けたいとの考えから積極的な売買が手控えられた。ボーイングやユナイテッドヘルスが買われた一方、市場予想を下回る業績見通しを発表したシスコシステムズが前日終値比7%安の大幅安となった。

小売り大手の先陣を切って2019年8~10月期決算を発表したウォルマートは、純利益が32億8800万ドル(約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン