共和党知事が敗北宣言、米ケンタッキー州

2019/11/15 5:28
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米南部ケンタッキー州の知事選で、共和党現職のマット・ベビン氏が14日、敗北を認めた。5日の投開票で同氏を僅差で上回っていた民主党候補のアンディ・ビシア同州司法長官の当選が確定し、近く就任する。同州はベビン氏の要求で開票結果が正確かどうかの点検を実施したが、ビシア氏のリードは変わらなかった。

米南部ケンタッキー州知事選で当選が確定した民主党のビシア氏=ロイター

同州は2016年の大統領選でトランプ大統領が大差で勝利した共和党の牙城。ベビン氏はトランプ氏との近さをアピールしたが、言動への批判などから支持率が低迷していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]