/

大嘗祭の中心儀式、15日未明に終了

皇居・東御苑で14日に始まった天皇陛下の即位に伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」は、中心儀式の「大嘗宮の儀」が15日午前3時15分ごろ終了した。陛下は神前に新穀を供え、国の安寧と五穀豊穣(ほうじょう)を即位後初めて祈られた。

陛下は今後、16日と18日に参列者を宮殿に招いて料理などを振る舞う「大饗(だいきょう)の儀」を開くほか、皇后さまと11月下旬から12月上旬にかけて伊勢神宮や歴代天皇陵に参拝し、一連の即位関連儀式を終えたことを報告される。

大嘗宮の儀は前半の「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」と、後半の「主基殿(すきでん)供饌の儀」の2部構成で行われた。

宮内庁は大嘗宮の儀に約670人を招待。参列者数は前半が510人、後半は425人だった。

「主基殿供饌の儀」のため「主基殿」に向かう天皇陛下(15日未明、皇居・東御苑)=代表撮影
「主基殿供饌の儀」のため「主基殿」に向かう天皇陛下(15日未明、皇居・東御苑)=代表撮影
「主基殿供饌の儀」のため、大嘗宮の帳殿に向かう皇后さま(15日未明、皇居・東御苑)=代表撮影
大嘗宮で「主基殿供饌の儀」が未明まで続いた(15日未明、皇居・東御苑)=代表撮影
「大嘗宮の儀」が営まれる大嘗宮(14日、皇居・東御苑)=代表撮影
「大嘗宮の儀」を終え、正門石橋を渡り皇居を出る天皇陛下の車列(15日午前早朝、正門前)=共同

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン