過大な交付金、不正の温床 大島堅一・龍谷大教授
原発立地、政府の責任 識者に聞く(下)

2019/11/14 21:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――関西電力役員らの金品受領問題をどうみていますか。

「原子力発電所に関連工事費などの巨額のマネーが絡み、地元対策にもなっていることを再認識する出来事だ。地元での影響力をテコにこの仕組みに入り込んだ福井県高浜町の元助役の存在は、関電が原発マネーを活用して地元対策を進めてきたことを表している」

――関電が2018年にまとめた調査報告書をどうみますか。

「内容は元助役の特異性を示す記載がたくさんある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]