スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

石川大きく出遅れ、7オーバーに「かみあわない」

2019/11/14 21:04
保存
共有
印刷
その他

今季初の予選落ちを喫した前週、石川は2日目にバッグからドライバーを抜いた。"突貫工事"で修正、上向きになった感覚はあるらしい。

 第1日、ホールアウトする石川遼。7オーバーで74位と出遅れた=共同

第1日、ホールアウトする石川遼。7オーバーで74位と出遅れた=共同

【関連記事】宮里優ら3人が首位発進 三井住友VISAゴルフ
 予選ラウンドは賞金ランキング1位の今平と同組。強い風に惑わされ、今平は2ボギーの72と苦戦したが、ランク3位で追う石川は輪をかけてスコアを崩した。「コンディションが難しく、いくつかミスショットが」。11番でボギーが先行すると、14番、16番とティーショットを左右の林に打ち込んだ揚げ句、第2打を木に当て前半4オーバー。2番で左池、6番は左林へと曲げ、後半も3打落とした。

2つのダブルボギーもあり初日77。それでも「徐々に良くなっていると思う。もう少し時間がかかると思うが」と前向きな姿勢は崩さない。追い風に乗せ350ヤード飛ばした12番など、目を見張る好打もいくつかあった。「ショットと結果がかみ合っていない」が本人の弁。先を見据え、ドライバーショットの質を高めるのが大切で、スコアを求め焦らないよう、言い聞かせているらしい。

今平との差は3800万円以上。ライバルの安定感を考えると、逆転賞金王はかなり厳しい状況だ。しかも2勝しているコースでつまずいた。「何とか予選を通れるよう頑張りたい」。強がりだったとは思わせない、巻き返しを期待したい。(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

2年連続の賞金王に輝いた今平=共同

 男子ゴルフの国内最終戦、日本シリーズJTカップは石川遼が今季ツアー最多の3勝目を挙げて8日閉幕した。首位と1打差の3位で終えた今平周吾が2年連続の賞金王。27歳2カ月での複数回の戴冠は尾崎将司の27 …続き (18:00)

最優秀選手賞を受賞し、青木功会長(左)からトロフィーを受け取る今平周吾(9日、東京都内)=共同

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は9日、東京都内で男子ツアーの表彰式を開き、27歳の今平周吾が賞金ランキング、最優秀選手、総合力を得点化したトータルポイント、パーセーブ率の4部門でタイトルを獲得した …続き (16:47)

 男子ゴルフの8日付最新世界ランキングが発表され、日本シリーズJTカップを制した石川遼が113位から82位に上昇した。松山英樹は1つ下げて21位、日本ツアーで賞金王となった今平周吾は自己最高を更新する …続き (11:53)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]