/

この記事は会員限定です

ヤフー・LINE統合交渉 夏のトップ会談で動き出す

[有料会員限定]

検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(ZHD)とLINEは14日、経営統合に向けた協議を進めていると明らかにした。ライバル関係にあった両社を結びつけたのは、米グーグルなど「GAFA」と呼ばれる米巨大IT(情報技術)との競争に単独では勝てないとの危機感だ。まず国内で「1億人経済圏」を握る対抗軸を作る。ただ、GAFAの規模は圧倒的で、その背中は遠い。

統合交渉が本格化したのは今夏の会談からだった。ZHD社長の川辺健太郎氏とLINE社長の出沢剛氏は、幹部陣を交えて都内のホテルで事業提携の可能性について会合を重ねた。いつしか、統合に向けた協議に発展していった。

両社はそれぞれ、親会社のソフトバンク、韓国ネイバーとも統合の可能性を話し合った。9月には、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とネイバー首脳が会談して統合方針が固まり、孫氏は「ソフトバンクグループとして、統合で生まれるプラットフォームを支援する」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ヤフーを抱えるZホールディングスとLINEの経営統合に関する最新ニュースをまとめています。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン