藤井、最年少挑戦あと1勝 将棋王将戦

囲碁・将棋
2019/11/14 20:54
保存
共有
印刷
その他

将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は14日、大阪市の関西将棋会館で指された第69期王将戦挑戦者決定リーグで久保利明九段(44)を破り、通算成績を4勝1敗とした。最終局は19日に行われ、同率首位で並ぶ広瀬章人竜王(32)と対戦、勝てば17歳5カ月の最年少タイトル挑戦となる。

大舞台に向けて、藤井七段は終局後「あと1勝まできたことはなかったのでうれしい。大事な一局となるが、気負わずに普段通り指せればと思う」と話した。リーグ戦はトップ棋士7人が総当たりで行い、優勝者が渡辺明王将(35)への挑戦権を得る。

最年少タイトル挑戦のこれまでの記録は、屋敷伸之九段(47)が1989年、棋聖戦に挑戦した17歳10カ月。最年少でのタイトル獲得は90年の棋聖戦で屋敷九段が18歳6カ月で成し遂げた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]