昭和電工、アルミ開発にAI応用

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/11/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昭和電工はアルミ合金の開発で、人工知能(AI)の活用を深める。自動車向けを中心に顧客のニーズを満たす材料の検討・提案の効率化が急務となっているためで、AIを使って最適な材料の組み合わせなどを分析。2020年にも、こうした手法で作ったアルミ合金を素早く量産に移せる体制を構築する。稼ぎ頭の黒鉛電極の需要が陰るなか、自動車の軽量化などで期待がかかるアルミ合金の拡販で他社に先行したい考えだ。

AIによる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]