福祉機器にVRや自動運転、北九州で展示会

ヘルスケア
九州・沖縄
2019/11/14 19:34
保存
共有
印刷
その他

九州・中四国地域で最大規模の福祉機器展示会、西日本国際福祉機器展(主催は実行委員会)が14日、北九州市の西日本総合展示場で開幕し、自動運転の車いす、仮想現実(VR)で介護現場を学ぶサービスなど先端技術を取り入れた製品サービスが多く並んだ。ヘルスケア食品展、障害者スポーツの体験コーナーも初めて設け、16日までに約2万人の来場を見込む。

高性能レーダー装置を搭載した久留米工業大学の自動運転車いす

VRで介護施設のスタッフや入居者を疑似体験するジョリーグッドの研修サービス

久留米工業大学(福岡県久留米市)はあらかじめ作製した地図空間を自動運転で移動する車いす「パートナーモビリティ」を試乗展示した。高性能センサーのLiDAR(ライダー)を使い、音声対話で指示できる。ジョリーグッド(東京・中央)はVRの介護研修サービス「ケアブル」を紹介。認知症の施設入居者や介護スタッフの立場でコミュニケーションやトラブル対応を疑似体験できる。

21回目を迎えた展示会では介護スタッフの労働軽減をテーマにした装置やロボット、認知症予防のゲーム機器、免疫力を高める温浴機器など高齢化社会の幅広い課題をテーマにした展示が増える傾向にある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]