即位の秘儀厳かに 大嘗祭、闇夜照らす豊穣の祈り

2019/11/14 19:06 (2019/11/15 1:46更新)
保存
共有
印刷
その他

「悠紀殿供饌の儀」のため、祭服を着て大嘗宮の悠紀殿に向かう天皇陛下(14日、皇居・東御苑)=代表撮影

「悠紀殿供饌の儀」のため、祭服を着て大嘗宮の悠紀殿に向かう天皇陛下(14日、皇居・東御苑)=代表撮影

秋の冷気の中、たいまつの炎が天皇陛下の姿をほの白く照らし出した。14日、皇居・東御苑で営まれた宮中祭祀(さいし)の「大嘗祭(だいじょうさい)」。新築された大嘗宮で儀式に臨んだ陛下は、祭殿の奥深くにこもり、伝統の祈りをささげられた。安倍晋三首相ら参列者も、厳粛な雰囲気の儀式を見守った。

中心儀式「大嘗宮の儀」の舞台として建設された大嘗宮の悠紀殿(ゆきでん)と主基殿(すきでん)周辺では、夕闇が訪れるとかがり火がたかれた。樹皮が付いたままの丸太で建てられた殿舎を炎が照らし、まきの燃える香りが漂った。

辺りには、陛下が神前に供える神饌(しんせん)のコメを臼でつく時に産地の地名を入れて歌われるという「稲舂歌(いなつきうた)」の調べが流れ、全国各地から納められた特産の農水産物が供えられた。

午後6時半ごろ、たいまつを手にした侍従に導かれて暗闇の中から姿をみせた陛下は、まっすぐに前を見据えて悠紀殿へと進まれた。純白の祭服の陛下の前後には、鳳凰(ほうおう)が付いた菅蓋(かんがい=すげがさ)を差し掛ける役や、床に薦(こも=むしろ)を敷く役など、大勢の侍従らが付き従った。

陛下が悠紀殿に入られると帳(とばり)が閉じ、中の様子は外からは一切うかがえない。陛下は1時間半ほどかけて神饌を供え、五穀豊穣(ほうじょう)や国の安寧を祈って、午後9時15分ごろに悠紀殿を出られた。

「悠紀殿供饌の儀」のため、大嘗宮の帳殿に向かう皇后さま(14日、皇居・東御苑)=代表撮影

「悠紀殿供饌の儀」のため、大嘗宮の帳殿に向かう皇后さま(14日、皇居・東御苑)=代表撮影

皇后さまは純白の十二単(ひとえ)姿。陛下の後からゆっくりと歩を進め、陛下とは別の殿舎で拝礼された。

宮内庁や皇宮警察の職員も儀式のため、普段の服装から一転、弓を手に帯刀した武官などの古装束を身にまとった。悠紀殿での儀式の後、休憩を挟んで、15日未明からは主基殿でも同じ所作の儀式が執り行われた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]