ネット消費、ワンストップ ヤフー・LINE統合へ
株価は急伸 ブランド整理課題

Yahoo・LINE統合
朝鮮半島
2019/11/14 23:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ヤフー(右)とLINEのサービス画面

ヤフー(右)とLINEのサービス画面

経営統合に向けた協議を明らかにしたZホールディングス(ZHD)傘下のヤフーとLINEは買い物から決済、娯楽など様々なサービスを持つ。ZHDをグループに持つソフトバンクグループ(SBG)の出資先を加えると、海外を含めて消費行動を一手に担える。14日はZHDとLINEの株価がそろって急騰し、市場はデジタル経済時代の巨人誕生を歓迎する。ただそれぞれ知名度の高いブランドで手がける重複事業の整理など、相乗効果を出すにはハードルもある。

【関連記事】
ヤフーとLINE、統合合意を発表
ヤフー・LINE統合交渉 夏のトップ会談で動き出す
LINEがぶつかった成長の壁 ヤフーと統合交渉

14日の東京株式市場では、ZHD株が一時、前日比20%高の459円まで上昇した。LINE株も買い気配で始まり、制限値幅の上限(ストップ高)の15%高の5290円で引けた。市場では「両社は自らの決済サービスの利用者を増やすために使ってきた、キャンペーンなどのコスト負担を減らせる」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成氏)と消耗戦を回避し、収益が高まることへの期待が集まる。

ZHDとLINEが提供するサービスの利用者は国内だけで1億人規模に達する。SNS(交流サイト)から金融、小売りまで幅広く提供しており、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]