最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

ぺッパーフード営業赤字、「いきなり」不振 19年12月期
20億円の黒字予想計画から一転、44店閉鎖

企業決算
2019/11/14 20:30
保存
共有
印刷
その他

「いきなり!ステーキ」が不振だった

「いきなり!ステーキ」が不振だった

ぺッパーフードサービスは14日、2019年12月期の連結営業損益が7億3100万円の赤字(前期は38億円の黒字)になりそうだと発表した。20億円の黒字としていた従来計画から一転、赤字となる。ステーキ店「いきなり!ステーキ」の不振を踏まえ、同社が運営する全店の1割弱にあたる44店を閉店する。人件費などコスト増も響く。

19年12月期末の配当予想は従来計画の15円から無配とした。これに伴い年間配当は前期比で15円減の15円となる。

最終損益は25億円の赤字(前期は1億2100万円の赤字)の見通し。従来は15億円の黒字を見込んでいた。閉鎖店舗や収益性が低下した店舗に関わる減損損失を16億円を計上する。売上高は前期比5%増の665億円で、従来計画を98億円引き下げる。

【関連記事】
「いきなり!ステーキ」米ナスダック上場廃止を申請
大幅賃上げペッパーフード「人件費かければ客増える」

外食「現地化」で米国再挑戦 健康志向、日本食に追い風
ラーメン「一風堂」海外で稼ぐ 世界600店へ現地化
決戦は年金支給日 スーパー客数・販売額、給料日超え

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム