博報堂DY系、インフルエンサー広告の専門チーム新設

2019/11/14 18:30
保存
共有
印刷
その他

博報堂DYメディアパートナーズはネット上で影響力を持つ「インフルエンサー」を活用したマーケティングに対応する専門チームを立ち上げた。インフルエンサーの好みや興味、フォロワーの属性などをデータベース化し、広告主の企業側とマッチングする。データの活用で精度の高いマーケティングを実現。ラジオなどネット以外のメディアも対象に加える。

専門チーム名は「インフルエンサーマーケティングエキスパーツ」。博報堂DYホールディングス傘下のインターネット広告会社、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と共同で運営する。

米国でインフルエンサーを活用したマーケティングプラットフォームを提供する米NeoReach社(フロリダ州)の日本進出に関する戦略パートナー権をDACが獲得。NeoReach社の持つ仕組みを活用する。

国内外のインフルエンサーのSNS(交流サイト)やブログなどの投稿から、嗜好性をデータベース化する。広告主企業の需要と、インフルエンサーの興味、好みを踏まえて双方を引き合わる。広告効果はサイトのアクセス数などで可視化して測定する。

SNS以外の場でのマーケティングにも対応する。ラジオ番組の広告枠で番組出演者がインフルエンサーとして企業の商品などを紹介する。SNSを利用しない層にも宣伝することが可能になる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]